悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました(悪ラス)8巻ネタバレ感想!未来からの壮大なストーリー!

小説

おはこん!シルト@schild_empireです!

今回は永瀬さらさ悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました8巻(略称:悪ラス)を読みましたのでそのネタバレ感想を書いていきます!

8巻はついに…「元」最終巻です!

最終巻ということで未来へ向けてのストーリーですね!

また今回よりあらすじは自作のではなく、表紙の裏などに書いてあるものを使用します。

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました(悪ラス)7巻のネタバレ感想はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました(悪ラス)8巻のあらすじ

「クロード様を父上と呼んだわね?」息子だと名乗る謎の少年に突如、エルメイア皇国が占拠された一一実は乙女ゲームには子世代を描く続編があり、アイリーンが破滅ルートを回避したために、未来の息子が破滅する運命に変わっていた!?

「正しい未来」を求めて、盛大な親子喧嘩と最後の聖剣争いが勃発?

皆まとめて幸せなベストエンドに向かって…悪役令嬢は駆け抜けます!

見届けよ、完全書き下ろしのシリーズ・最終巻!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました(悪ラス)8巻のネタバレ感想

それではここから悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました8巻のネタバレ感想を書いていきます!

アイリーンとクロードの息子、そしてバアルとロクサネの娘が未来からやってきまして、未来を救うべく過去(現在)へやってきたと。

戦いだと5、6巻が壮大ですが、ストーリー的にだと8巻が1番壮大な内容だと思います!

※以下悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました(悪ラス)8巻のネタバレが含まれますのでご注意ください。

相手の強さと状況に絶望…そして考察のしがいのあるストーリー

序盤未来からアイリーン、クロードの息子シャルルがエルメイア皇国に結界を張りアイリーン達は閉じ込められました。

エルメイア皇国からは出られない状態で、尚且つアイリーンは聖剣を6巻でリリアを生き返させた時に使ったので持っていないと。

また、クロードも幼竜にされ無力化

さらにはグレイス、そして神のルシェルも魂としてはいますが、なんとシャルルの力には敵わず

もう強さも状況も絶望的…

シャルルはどうやらクロードに恨みを持っているようで、これ勝てるのかと!?

これがもう相手の強さ、そして聖剣もリリアもいなく絶望感もありましたね。

また、この後エステラという少女に助けられるのですが、その後記憶喪失になってしまいエステラはどういう人物なのかシャルルとはどういう関係なのか

それを考えるのが面白かったです!

そして他にもいろんな謎が出てくるという!

例えば髪色だけ違うアメリア、グレイスとそっくりな少女など!

本当考察しながら読むと面白い

リリアからプレイヤーという意識がなくなる

リリアは2巻で前世の記憶を取り戻し、ゲームのプレイヤー意識でキャラはただの道具だと思ったり、仮に死んでもキャラだからと何も思わなかったりと…

5巻くらいまではそうでした。

しかし6巻からセドリックを愛し始めて聖剣を本当の聖剣にしたり、7巻ではセドリックがいるエルメイア皇国が空中宮殿に襲われるのですが聖なる力を使ってそれから守ったり

セドリックどころか皆も守る!

性格はかなり土壇場に来ても余裕を見せたりして、そこら辺は変わってないですがキャラをキャラとして見なくなり人として見る点…!

なんだろうね…良い意味でかなり変わったなと。

アイリーンもこのことに感慨深いって思ってましたしね。

しかし、ここまで変わったのはセドリックの影響なのかな?

セドリックが3巻か4巻で人と見てほしいってリリアを裏切ったシーンありましたしね。

敵も未来も救う

5、6巻でアメリアが運命を正そうとしてまして、それをアイリーン達は阻止しましたがその弊害として未来が何にもない白い灰の世界に…

その未来を変えるために運命を変えるために、エヴァレという男が過去(現在)へ

本来なら「邪神が世界を汚す人の闇を引き受けることで世界を救う」はずでしたが、今までアイリーン達が運命に抗ったことにより邪神自体が復活せず

簡単に言えば今までゲーム内には無いルートを辿って起こったバグなのかな。

それでエヴァレは過去(現在)に恨み、運命を正そうと…

しかし結局はエヴァレは負けてしまうのですが、これではエヴァレだけバッドエンド…

なのでアメリアはエヴァレが連れてきたマキナ(アメリアが作ったスペアボディ)に聖剣を託しルシェルはいずれ未来で腐竜になると約束を…

これ考えされられますね…

そもそもアイリーンがゲーム通りのルートで進めばこんな事にはならなかったのですが、ただそうすると今度はアイリーンが処刑されると。

しかしそのせいで未来が何もない灰の世界に…

最初エヴァレはただの我儘な敵かなと思ってましたが、読み直すと全然違う印象を持ちますね!

そして…グレイス、アメリア、ルシェルの3人の力でエヴァレのいる未来を救っていくことでしょう…!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました(悪ラス)8巻ネタバレ感想まとめ

ここまで悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました(悪ラス)8巻のネタバレ感想を書いてきました!

これ内容を説明しようとしながら感想書くのかなり大変でしたね。(多分ところどころ滅茶苦茶な説明あるかもですが)

それほど壮大なストーリー!

やっぱ元最終巻ですよ…

元ということは…もちろん現在9巻、10巻とあるというね

いやぁ…しかしエヴァレの未来が救われるといいなぁ…

悪役令嬢なのでラスボスを飼ってみました(悪ラス)9巻のネタバレ感想はこちら!


それでは!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーが検出されました

広告ブロッカーを使用して広告をブロックしていることを検出しました。使用している広告ブロッカーを無効、もしくは当サイトをホワイトリストに入れ再度アクセスしてください。

※広告ブロッカーを使用していないのに表示される場合は、再度読み込み直したら消える場合がございます。

タイトルとURLをコピーしました