齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定2巻ネタバレ感想!レーコの力の謎が深まる…

小説

おはこん!シルト@schild_empireです!

今回は榎本快晴齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定2巻を読みましたのでそのネタバレ感想を書いていきます!

いやぁ…レーコの力の正体は2巻でわかりましたが、謎が今回深まりましたね…

もちろん2巻も勘違いギャグです!

齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定1巻のネタバレ感想はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定2巻のあらすじ

水路の町セーレンを発ち、再び魔王討伐の旅に出た邪竜(仮)レーヴェンディアとその眷属の娘レーコ。しかし彼らが訪れた小国アスガで『国王が邪竜に襲われる」事件が発生!?

もちろん身に覚えなどないレーヴェンディア達は逃亡中に、自分こそがアスガ国王であると名乗る謎の女性と遭し…?

邪竜を崇拝する秘密結社や忌み子と呼ばれる王妹の思惑も絡み合い、今回も眷属レーコは大暴れ!

だからわし、邪竜じゃないんだってば!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定2巻のネタバレ感想

それではここから齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定2巻のネタバレ感想を書いていきます!

深く考えなくても別にギャグなので楽しめるのですが、伏線的な謎がいくつかありまして考察すればさらに楽しめますね!

※以下齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定2巻のネタバレが含まれますのでご注意ください。

クセの強い王国キャラ達

2巻のストーリーは大雑把に説明すると、あらすじに書いているように草食ドラゴンとレーコがやって来たアスガ王国で国王が邪竜に襲われるという事件がありました。

そしてその真相はヴァネッサ王が妹のロゼッタに王冠を受け継がすために仕組んだことでした。

しかしロゼッタは忌み子なので王になるのは国民に反対されていました…

というのが序盤の流れですかね。

まぁヴァネッサ王はドラゴンを邪竜ではないと信じてくれたりしましたが、妹のロゼッタを溺愛し過ぎていまして、実は忌み子として反対されているのではなく、人間性自体がもう独裁者的な感じなので国民から反対されていたと!

そしてそのロゼッタも世界征服をするとか、国民を檻に閉じ込めたりとか狂気キャラでしたね(笑)

キャラの性格のクセが強い!!

あとロゼッタは一発で草食ドラゴンが邪竜じゃないと見抜きまして、草食ドラゴンを目潰ししたりして暴れさせ「こんなのが邪竜なわけないでしょ!」的なことをレーコ達に言うのですが、それを全く信じないと!

これ今回のキャラのクセが強いのもそうですが、信じないレーコもある意味凄いよ!!

多分無力なところを見せても草食ドラゴンが斃されない限り、レーコは邪竜とずっと思っているでしょうね…(笑)

ライオットの家宝の正体が…

1巻から出てきたライオットというキャラですが、1巻でも書いてありましたが本来ならレーコではなくライオットが生贄になっているはずでした。

ちなみに今はレーコを助けるためにアリアンテに修行させてもらっています。(アリアンテ側から見れば草食ドラゴンを襲わないように時間稼ぎ)

そして2巻では出番はほぼほぼないのですが、どうやら1巻で盗んでしたライオットの家宝が勇者の宝剣らしいんですよ!!

一応この世界にも勇者いるのね。

ただなんでライオットの家宝が勇者の宝剣…?

まさか勇者の末裔…!?

だとしたら草食ドラゴンの命危険じゃない!?

ただでさえ草食ドラゴンは無力なのに!

でもまぁ2巻ではほぼ出番ないので、次の3巻でもう少しライオットの出番欲しいかな

レーコの力の謎

2巻でレーコの力の謎がわかりましてどうやら人が邪竜を恐れる気持ちが魔力となり、本来邪竜レーヴェンディアに流れ行くのがレーコに渡ったらしいですね。

なので邪竜を恐れる人がいなくなったら、レーコは普通に戻る…のかな?

そして今回なんと…

レーコの攻撃を片腕で受け止める謎の偽物の眷属が現れました!

ただ草食ドラゴンの目によるとレーコほどではない…しかしレーコの本気の攻撃を片腕で受け止めるってかなりの矛盾!

これには草食ドラゴンも驚いてましたよ!

ただこれライオットのところの感想を書いている時、勇者のところで気づいたのですが…

偽物の眷属って勇者の末裔が何かって可能性ある…?

邪竜レーヴェンディアに唯一傷を与えたのは勇者みたいで、勇者の血を引いているキャラならレーコの邪竜の力のを防ぐのも相性的にはおかしくはないかなと!

いやぁ…基本勘違いギャグなのですがこういう謎も考察できるのも良いですね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定2巻ネタバレ感想まとめ

ここまで齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定2巻のネタバレ感想を書いてきました!

やっぱ勘違いギャグも面白かったですし、レーコの謎も増え考察で楽しめましたので良かったですね!

また、作中の台詞でありましたが、レーコは魔物も大魔導士も超える「得体の知れない何か」みたいですね。

可愛い少女に得体の知れない何かって…(笑)

齢5000年の草食ドラゴン、いわれなき邪竜認定3巻のネタバレ感想はこちら!

それでは!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーが検出されました

広告ブロッカーを使用して広告をブロックしていることを検出しました。使用している広告ブロッカーを無効、もしくは当サイトをホワイトリストに入れ再度アクセスしてください。

※広告ブロッカーを使用していないのに表示される場合は、再度読み込み直したら消える場合がございます。

タイトルとURLをコピーしました