僕の心のヤバイやつ(僕ヤバ)5巻ネタバレ感想!互いに悩みを持ち成長していく!

漫画感想

おはこん!シルト@schild_empireです!

今回は桜井のりお僕の心のヤバイやつ5巻(略称:僕ヤバ)を読みましたのでそのネタバレ感想を書いていきます!

5巻は互いに悩み始め成長をしていくのがテーマでしたね!

悩みの内容としてはほんのちょっと重い感じですね。

僕の心のヤバイやつ(僕ヤバ)4巻のネタバレ感想はこちら!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

僕の心のヤバイやつ(僕ヤバ)5巻のあらすじ

新学期が始まったが冬休みの時に、雪山で腕を骨折をしてしまい市川は介助が必要な状態であった。

そこで山田に介助を頼もうと考えはしたが、遠慮をしてしまう。

しかしせっかく冬休みに距離を縮めたというのに、遠慮のせいで台無しにしてしまうのかとも悩み…

行くも戻るも結局は自分の行動次第だと市川は思うのだった。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

僕の心のヤバイやつ(僕ヤバ)5巻のネタバレ感想

それではここから僕の心のヤバイやつ5巻のネタバレ感想を書いていきます!

もうね…5巻のテーマは悩みで、悩みの内容自体は大体の人が味わったことあるんじゃないかなというもので、ちょっと市川と山田を更に応援したくなりましたね!

※以下僕の心のヤバイやつ(僕ヤバ)5巻のネタバレが含まれますのでご注意ください。

互いに責任を感じ始める

4巻の冬休みの時に市川は雪景色を撮るために、外に出ますが滑ってしまい腕を骨折してしまいました。

そして学校が始まり市川は山田にある程度介助をしてもらいまして、市川は少し申し訳なさを覚えます

それと同時にうっかり山田に雪景色を見せるための写真を撮る時に、滑って骨折してしまったと喋ってしまいます。

これで山田は自分に責任があると思い込んでしまい…

さらに追い打ちをかけるように、市川とお揃いの秋田犬のキーホルダーを無くしてしまうという…

市川も気にしないでと言えたら良かったのですが、山田の雰囲気的に言えず…

互いに責任を感じている時に市川は自分にイラつき始め、ようやく「気にするなと!」山田に言えたと!

ただもうちょっと市川は早く言えなかったかなと、少しもどかしさを感じましたね。

なんかここのシーンはうーん…って感じですね。

まぁこのもどかしさもラブコメの醍醐味なのかな?

山田は恵まれているゆえに悩む

山田は色んな人に助けられて恵まれています

ただその反面助けられてばっかりなのに迷惑をかけてしまっていないかとか、いつか嫌われてしまうのではないかと考えてしまいます。

この悩み分かりますけど…

これ中学2年生が考える悩み!?

(漫画だからツッコンじゃダメな気がするけど)

中学2年生でこんなこと考えるとはかなり大人だなと思いますね…

しかし市川も山田を避けていた時に手に入らないから、嫌われたいと思ったりしたりして悩んでいたのである意味似たもの同士ですね。

そして互いに悩みを共有できる関係性ができているのが本当に良かった!

悩みは話すだけでスッキリしますし、思いもよらない解決策が出てくる時もありますしね!

少しずつ大人の一歩を踏み出したのかなと思います。

市川は欲を出し始めるのか!?

終盤に市川の姉に山田も市川もまだ中学生だから、これから好きな人を変わるかもよって言うことを市川に言ってきます。

それで市川は未来の山田との関係性のことが不安になってしまうのですが…

翌日決心したのか普段なら市川は欲を抑えがちですが、最後の心境描写で…

「ほんの少しだけ欲を出していいだろう」と思い、山田はバレンタインに市川以外にもチョコを配ろうかと悩んでましたが…

やめたら?」っと!

いやぁ…市川!よく言った!

この後は6巻に続くのでどうなるかは分かりませんが、市川は欲を出すのか!?それとも結局は引っ込んでしまうのか!?

もう市川と山田は両想いだからいってしまえ!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

僕の心のヤバイやつ(僕ヤバ)5巻ネタバレ感想まとめ

ここまでの僕の心のヤバイやつ(僕ヤバ)5巻ネタバレ感想を書いてきました!

序盤の互いに責任を感じる部分はちょっともどかしくてうーんって感じでしたが、徐々に互いに悩み成長する姿は良かったですね!

そして市川引っ込みガチですが、少し自分の欲を出せたと!

もうね…思っているだけじゃ伝わらないので、市川にはどんどん言葉に出して想いを伝えてほしい

その第1歩を市川は踏み出せて本当に良かったです!

僕の心のヤバイやつ(僕ヤバ)6巻のネタバレ感想はこちら!

それでは!

最後まで読んでいただきありがとうございました!

Ads Blocker Image Powered by Code Help Pro

広告ブロッカーが検出されました

広告ブロッカーを使用して広告をブロックしていることを検出しました。使用している広告ブロッカーを無効、もしくは当サイトをホワイトリストに入れ再度アクセスしてください。

※広告ブロッカーを使用していないのに表示される場合は、再度読み込み直したら消える場合がございます。

タイトルとURLをコピーしました